Japan Sustainable Fashion Alliance

2021年8月3日、サステナブルなファッション産業への移行を推進することを目的とし、ファッション・繊維企業11社が「ジャパンサステナブルファッションアライアンス(英文名:JAPAN SUSTAINABLE FASHION ALLIANCE 略称:JSFA)」(以下「本アライアンス」)を設立しました。
ifsは本アライアンスの事務局を担っています。

JSFAとは

本アライアンスは、ファッション産業が自然環境や社会に与える影響を把握し、ファッション及び繊維業界の共通課題について共同で解決策を導き出し、「適量生産・適量購入・循環利用によるファッションロスゼロ」と「2050年カーボンニュートラル」を目標に、サステナブルなファッション産業への移行を推進することを目的としています。
会員企業は定期的に会議を開催し、サステナブルファッションに関する知見の共有、ファッションロスゼロとカーボンニュートラルに向けた協働、生活者との双方向なコミュニケーション、国内外の重要動向の先行把握、業界内の共通課題の改善などのために必要な政策提言を関係省庁に行います。

OUR MISSION

私達の役割は道案内役です。
当社はこれまで生活者の本質的なニーズや価値観を読み解き、クライアントの事業化の支援や成長軌道にのせることのサポートを行ってきました。
一方で不確実性が高まる世界的景況感の中、未来を予測し、生活者を洞察すればするほど、今後ますます重要になるのがビジネスの成長と社会や環境との共存視点と捉えることができます。
当社はファッション産業の複雑なサプライチェーン、消費、廃棄に至るまで循環チェーンのすべてのセクターにおいて、クライアントや生活者と向き合い課題解決に取り組んできました。
いまファッション産業が抱える課題は個社では解決が困難で、企業間、生活者が共通の未来を描きなながら一緒に取組むことが重要です。
ファッションの魅力をもう一度取り戻すためifsがでできることその答えの一つがJSFAへの貢献です。

社会課題を成長課題に

マクロ的に見るとファッション業界がまず最初に取組むべきは、供給過剰の問題です。
個社の成長を前提にした事業見通しの甘さがオーバープロダクトやオーバーストアをもたらし、結果的に在庫ロスを生み出しています。在庫ロスは仕入コスト、評価損や保管料など直接的なコストに加え、間接的には業務ロスやブランド価値低下を招き、競争力の源泉でもある人材の流出にもつながっています。
当然供給過剰は製造工程で排出される環境負荷を増加させ、労働環境を逼迫し、物流トラフィック数の増加や廃棄ロスの要因ともなっています。
供給量を適正化することは、インフラを変えずとも今すぐにでも実行可能な行動です。供給過剰によって生じていたロスを、今後は価値を向上させる取組にシフトさせ、業界全体での収益性の持続的な向上、環境や社会の価値向上にもにも寄与できるとifsは確信しています。

Our dedication to Sustainability

近年ifsが取組むクライアント課題は社会・経済の両軸で生活者を巻き込みながら前進させてきました。
その知見や洞察をSDGsの目標達成に寄与することが私達のミッションです。

SDGs経営 戦略策定サポート

私達の役割は道案内役です。
SDGsを社会貢献として捉えるのではなく、事業に組み込まなくては存続するのも困難になるという考えが、略すべての業界で今後ますます主流になりつつあります。
ビジネス環境をシビアに見積り、長期経営戦略の土台として産業構造基盤の再構築や経済社会の変革をもたらす成長に寄与するものとしてSDGsの考え方を取り入れることが求められています。
ifsはこれまでのコンサルティング知見とSDGsへの深いインサイトを基盤にし、経営戦略策定をサポートしていきます。

Topics

JSFA第1回総会開催

11月12日、会員企業28社が一同に会し、伊藤忠ガーデンにてJSFA第1回総会が開催されました。本アライアンスが目指すサステナブルファッションの実現に向け、ビジョンの共有を行い、共通のゴールに向かって各社が連携して取り組みを推進していく決意を固めました。

ページの先頭に戻る

お気軽にお問い合わせください

ブランド開発、マーケット開発、クリエイティブ開発に関する
ご相談を受け付けております。