2018.12.3 - FASHION ASPECT

(Japanese) 生活者の消費行動を読み解く
モノを「 手放す」ムードによって見えた次代の新しい買い方とは

(Japanese) ナレッジ開発室

(Japanese) 近藤 明日香

(Japanese) 「モノを買わない生活者」などと言われるようになって久しいが、生活者が今、「買いたいもの」そして「手放したいもの」とは一体何であるのか。伊藤忠ファッションシステム株式会社では各世代にWebアンケート調査、ビジュアルアンケート調査を実施し、その実態を探った。そこから見えてきたことは、捨てる、売るなど「手放す」ことに向き合う機会が多くなったことで、新たな買い方が志向されているということ。“所有”よりも“活用”の時代へと着実にシフトしている中、今後の消費の方向性を探る。

Sorry, this entry is only available in Japanese.