2017.01.11 - Event

2017ifs新春フォーラム「“心地よい”時間 空間 人間の距離感を探る」開催のご案内

伊藤忠ファッションシステム株式会社(以下、ifs)は、来る2017年も、ifs新春フォーラムを開催いたします。

2017年ifs新春フォーラムのテーマは…
”心地よい” 時間 空間 人間の距離感を探る

一人で楽しむ自分、家族や友人とのインタラクションを楽しむ自分の両方を大切にし、その時間、空間、人との距離を無段階に操り、個々の心地よさをつくり出すのが今どきの生活者です。心地のよい空間、時間を消費できる場所には人が集まり、ネットも含めたコミュニティは新たな人と人との関係性を生んでいます。2017年はそんな潮流に着目し、オリンピック後の2021年ヘ向けた時代の気分を解説するとともに、心地よい時間や空間、関係性の提供を仕事とするゲストとその要件を探ります。

<開催概要>
○日時:2017年 1月19日(木) 15:30開場 16:00開演

○会場:渋谷ヒカリエ 9階 ヒカリエホールB
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
※東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結。
※JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結。
地図はこちら

○プログラム:
[第1部/講演]フューチャーアスペクト
16:05~17:00 2021年へ向けた生活者の気分
スピーカー:小原直花、中村ゆい
次代の方向性を予感させる出来事が続いた2016年を経て、東京オリンピックに向けまた一年歩みを進める2017年。開催後の先行きも徐々に現実味を持って意識される中、生活者は「祭りの後」の社会・経済・暮らしを不安と期待入り交ざる気持ちで見据え、まずは確固とした自分軸を手に入れたいという思いを強めています。具体的にはどのような自分軸を想定しているのか。「生活者の気分」リサーチの結果から、世代による違いが顕著に現れている点を明らかにしながら、これからの暮らしの方向性を解説します。

[第2部/パネルディスカッション]マーケットアスペクト
17:10~18:25 今どきの心地よさとはー空間と時間と人の関係を読み解く
コーディネーター:吉水由美子
ゲスト:
株式会社ディヴィデュアル共同創業者/NPOコモンスフィア理事 ドミニク・チェン氏
FabCafe設立企画者/FabCafeプロデューサー/ヒダクマ執行役員 岩岡孝太郎氏
生活者にとって自分/個のあり方は確実に変わっています。今あらためてネットやテクノロジーが変えた社会や消費、人と人との関係、その変化の意味を、情報やものづくりという観点からゲストとともに読み解きます。生活者にとってどういった空間や時間や関係性が心地よいと感じられるのか、そんな生活者に対して企業はどういう姿勢で臨むべきなのか、ゲストとのディスカッションを通してこれからのマーケットの方向性を探ります。

18:25  閉会
18:30~ 賀詞交換会
19:30 終了

○ゲスト プロフィール:
ドミニク・チェン/Dominick Chen 氏
(株式会社ディヴィデュアル共同創業者/NPOコモンスフィア理事)
ifs新春フォーラムゲスト
1981年生まれ。博士(学際情報学)。NTT InterCommunication Center[ICC]研究員/キュレーターを経て、NPOコモンスフィア(クリエイティブ・コモンズ・ジャパン)理事/株式会社ディヴィデュアル共同創業者。IPA未踏IT人材育成プログラム・スーパークリエイター認定。NHK NEWSWEB第四期ネットナビゲーター(2015年4月~2016年3月)。2016年度グッドデザイン賞・審査員「技術と情報」フォーカスイシューディレクター。著書に『電脳のレリギオ』(NTT出版)、『インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践』(青土社)、『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(フィルムアート社)等。訳書に『シンギュラリティ:人工知能から超知能まで』、『みんなのビッグデータ:リアリティマイニングから見える世界』(共にNTT出版)

♦岩岡 孝太郎 氏
(FabCafe設立企画者/FabCafeプロデューサー/ヒダクマ執行役員)
ifs新春フォーラムゲスト

1984年東京生まれ。千葉大学卒業後、建築設計事務所に入社し個人住宅や集合住宅の設計を担当。その後、慶應義塾大学大学院に進学しデジタルものづくりの研究制作に従事。2011年、クリエイティブな制作環境とカフェをひとつにする”FabCafe(ファブカフェ)”構想を持って株式会社ロフトワークに入社。2012年3月に東京渋谷にオープンしたデジタルものづくりカフェ”FabCafe”のプロデューサーとして、FABとクリエイティブで未来をつくるプロジェクトを企画する。現在、岐阜県飛騨市にて官民共同企業である株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)の立ち上げに参画し、2016年5月にFabCafe Hidaをオープン、林業を起点とした新たなプロジェクトに挑戦する。2011年-2013年東京藝術大学AMC非常勤講師。参加展覧会に、可能世界空間論(2010年 ICC)、マテリアライジング展(2013年 東京藝術大学美術館陳列館)など。寄稿書籍に、マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ(2014年 millegraph)、まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方(2016年 学芸出版社)など。

○受講料
お一人様 5,000円(消費税込)

○お申込み
『peatix』にて受付しております。
こちら(http://ptix.co/2hrJYw3)よりパスワード「ifs2017」をご入力いただき、フォームに必要事項を明記のうえ、チケットをご購入ください。
※Peatixのサイトより、領収書(領収データ)を発行させていただきます。
※複数でのご参加をご希望の場合は人数分の情報をご記入の上、チケットをご購入ください。
※お支払期限がございますので、案内メールをご確認の上、ご入金をお願い致します。
※会場の都合上、満席になり次第チケットの販売を終了致します。予めご了承ください。
※請求書が必要な方は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

○お問い合わせ先
伊藤忠ファッションシステム/担当 栗城(くりき)
03-3497-4360  または お問い合わせ より