2013.12.5 - All , FASHION ASPECT

健康目的から美容&コミュニケーション目的へシフト

ジョギング・ランニングの現状 高まる女性の興味・関心 年1回以上のジョギング・ランニング実施率の推移を性別で見ると、男性は2006年の8.1%から2012年には14.0%と約6%増加した。それに対して、女性は2006年の4.0%から2012年には5.3%と...

View Detail View Detail
2013.11.4 - All , FASHION ASPECT

欲望喚起型から関係構築型マーケティングへ

◆若者の変化 1 :モノありき消費からつながりありき消費へ 若者がモノを買わない、消費意欲が低い、と言われて久しい。世の中全体の先行き不透明感や「追い出し部屋」に象徴される雇用の不安定感、そしてすぐそこに迫った超高齢化社会を若年層が支えなければならない現状を...

View Detail View Detail
2013.10.5 - All , FASHION ASPECT , ifsオリジナル世代知見

「これまでシニア」「今どきシニア」「この先シニア」女性の比較で、 高齢社会におけるライフスタイルインサイトと消費フックが見える

◆多様化するシニアの願望に注目 2012 年の日本の平均寿命は、男性79.94歳、女性86.41歳(厚生労働省2013年7月発表)。2011 年よりも、男性で0.50 歳、女性で0.51歳延びている。 しかし、ただ寿命が延びることだけが幸せではない。誰...

View Detail View Detail
2013.09.6 - All , FASHION ASPECT

かつてのステイタスアップ消費から、 モチベーションアップ消費にシフト

◆リスクヘッジな社会人的立ち位置 “これまで 30 代・40 代男性 ”は1980 年代後半から1990年代初頭のバブル全盛期に社会人になった。年齢とともに収入がアップするのは当たり前で、努力すれば必ず報われるというポジティブシンキングな傾向にある。...

View Detail View Detail
2013.08.5 - All , FASHION ASPECT

娯楽産業に風穴を開けたJKT48から、インドネシア人の気質が見える

◆インドネシアの音楽文化について 日本のAKB48の姉妹グループとして、初の海外進出を行ったJKT48。インドネシアは親日家が多いことで有名だが、そもそも日本の音楽文化がどのように受け容れられてきたのだろうか。 インドネシア中間層の「趣味・レジャー分野...

View Detail View Detail
2013.07.6 - All , FASHION ASPECT

自分の生活に主体的に関わるための方法として“つくる”ことが支持されている

“自分でつくる”ことが生活のさまざまな場面で注目され、支持されているのはなぜか。その背景として、2000年代後半から現在にかけて「もっと主体的に自分の生活に関わりたい」という意識が徐々に形成されてきたことが挙げられる。 不況がデフォルト化し、世界的な環境...

View Detail View Detail
2013.06.10 - All , FASHION ASPECT

男性は外向きアクティブ、女性は内向き穏やか気分を満足させる消費へ

◆関心ジャンル: 男女とも高所得層では旅行・レジャーがトップで、かつ反応率も高い 関心のあるジャンルを、男女別に見てみよう。まず男性は、全体では①「旅行・レジャー」(55.7%)、②「食」(50.9%)、③「デジタル通信機器」(44.0%)が御三家。高所得...

View Detail View Detail
2013.05.4 - All , FASHION ASPECT

“安定”という実感が得られてこそ、 暮らしをより充実させる消費拡大が見えてくる

◆2013年のスタートは「不安な・心配な」気分 2013年の年頭に、生活者の気分とそれを象徴するカラーについてのリサーチを行った。結果、「最も感じた気分」1位=「不安な・心配な」を象徴するカラーはグレー、「最も増やしたい気分」1位=「穏やかな・安らかな」を象...

View Detail View Detail