2017.02.10 - All , 海外レポート

ブランド化する人気ブロガー

IfsNewYork

昨今、ブランド拡充の次のステップとしてトレンドとなっている動きが、ソーシャルメディアのインフルエンサーとのコラボレーション。ハリウッドセレブやスーパーモデルのようなリアリティの薄い、遠い存在ではなく、友人やガールフレンドのような自分を重ね合わせることができる、親しみ安い等身大に魅力を感じる消費者が多い。

現在活躍しているインフルエンサーの多くは、2009年頃からファッションブロガーとしてキャリアをスタートし、今ではセレブリティ並の影響力を持つようになった。ファッションブランドとのコラボだけでなく、その領域はフード、ライフスタイルブランドにまで幅広く及ぶ。また彼らは、セルフブランディングにも非常に長けており、自身のブランドを立ち上げ、クリエイティブディレクターやデザイナーとしての顔を持ち、ブランド化するブロガーが増えているのが大きな特徴。

企業側は、こうしたSNS界のカリスマインフルエンサーとのコラボにより、ソーシャルメディア上に魅力的なコンテンツをつくり、ブランドのアイデンティティを維持しながら、若い世代を取り込むことを課題にしている。

現在破竹のような勢いでブランド化する代表的なブロガーを紹介する。

* * * * * * * * * * * * * * *

■Ciara Ferragni(キアラ・フェラーニ)
http://www.theblondesalad.com/

Ciara Ferragni(キアラ・フェラーニ)
Courtesy of Ciara Ferragni(キアラ・フェラーニより)
世界一影響力のあるブロガー、ファッショニスタ、インフルエンサーと言われているのが、イタリア・クレモナ出身、現在はLAを拠点に世界中を飛び回るCiara Ferragni。高身長で手足が長く端正な顔立ちをしたCiaraは、「生きたバービー人形」と言われ、多くの女性のファッションアイコンであり、有名メゾンが高いギャラを払ってまでもフロントローに呼びたい感度の高いインフルエンサーの1人である。

2015年、「The Harvard Business Review」(ザ ハーバード ビジネス レビュー)(https://hbr.org/product/the-blonde-salad/515074-PDF-ENG)が29歳のCiara Ferragniがインフルエンサー、起業家としてどのように収益を作るシステムを構築していったかというケーススタディを刊行。ファッション業界だけでなく、ビジネス業界からも注目されている。インスタグラムのフォロワー数は810万人。(2017年2月現在)

Ciara Ferragni(キアラ・フェラーニ)
Courtesy of Ciara Ferragni
Ciaraがここまで有名になった背景には、2009年に立ち上げた自身のファッションブログ「The Blonde Salad」(ザ ブロンド サラダ)(http://www.theblondesalad.com/)の急成長がある。最新モードを取り入れ、ポップでパンチの効いたスタイリングからエレガントなものまでプロ顔負けのセンスが溢れたブログは、多くの読者の興味を引いた。2011年、若干23歳のときに一度にいくつものブログを纏めて閲覧できるウェブサイト「Bloglovin」(ブログラビン)(https://www.bloglovin.com/)で、No1ファッションブロガーを決める「Bloglovin’ AWARDS」(ブログラビン アワーズ)を獲得し、一気に注目を集め時の人となった。また当時のファッションブログブームと重なったこともCiaraのこの人気を後押しした要因といえる。

その後の躍進は目覚しく、2013年に立ち上げた自身のシューズブランド「Ciara Ferragni Collection」(キアラ フェラーニコレクション)では、デザイナー兼クリエイティブデザイナーとして活躍。ロンドンのSelfridges(セルフリッジ), パリのLe Bon Marche(ボン マルシェ)やDubai Mall(ドバイモール)に続き、昨冬はLAのラグジュアリーショッピングエリア「The Grove」(ザ グローブ)(http://www.thegrovela.com/)内に期間限定のポップアップストアをオープンし話題を集めた。

ポップアップストアではシューズコレクション、アクセサリーやウィメンズアパレルのカプセルコレクションを展開。 今後はミラノに旗艦店をオープンし、数年以内に世界中に何店舗か旗艦店をオープンする予定だという。

(キアラ・フェラーニコレクションより
Courtesy of Ciara Ferragni Collection (キアラ・フェラーニコレクションより)

その他にもLaduree(ラデュレ), Levi’s(リーバイス), Mango(マンゴー), Superga(スペルガ), Tod’s(トッズ)他、数々のブランドとのコラボレーションを手がけ、2015年にはスペイン版「Vogue」4月号のカバーモデルに抜擢されるという快挙を成し遂げた。Vogueの表紙にブロガーが登場するのは初の試みだという。また現在は大手ヘアケアブランドPantene(パンテーン)社のグローバルアンバサダーにも起用された。

Ciara Ferragni(キアラ・フェラーニ)

ファッションブログとしてスタートした「The Blonde Salad」は、時を経てオンラインライフスタイルマガジンへと変容し、ファッション、ビューティー、ピープル(注目の人)、トラベルやライフスタイルを網羅し、様々なトレンドを生み出している。英語とイタリア語で配信しているCiaraがブログ内でスタイリングし着用したアイテムはe-commerce(eコマース)で購入できる。

■Julie Sariñana (ジュリー・サリニャーナ)
http://sincerelyjules.com/

Julie Sariñana (ジュリー・サリニャーナ)
Courtesy of Sincerely Jules(シンシアリー ジュルズより)
Julie Sariñanaは、LAを拠点に活躍するインフルエンサー。アシスタントエディター、アシスタントフォトスタイリストやアシスタントスタイリストを経て、彼女の日々の思い、インスピレーションやパーソナルスタイルを配信するファッション・ライフスタイルブログ「Sincerely Jules」(シンシアリー ジュルズ)(http://sincerelyjules.com/)を2009年2月に立ち上げた。

Julie Sariñana (ジュリー・サリニャーナ)
Courtesy of Sincerely Jules

「Sincerely Jules」のサイトは、「マイスタイル」、「コラージュ」、「コラボレーション」、「トラベル」、「インスピレーション」と「ショップSJ」から構成されている。“Dream(ドリーム), Believe(ビリーブ), Achieve(アチーブ)”をサイトのコンセプトに、エディター、フォトスタイリストやファッションスタイリストとしての経験を活かし、視覚に訴えかける美しい写真やレイアウトで構成され、すぐにお手本にできそうなシンプルでカジュアルなスタイルや小物を生かしたスタイリングなど、読者に刺激を与えインスピレーションを高める内容に仕上がっている。インスタグラムのフォロワー数は432万人。(2017年2月現在)

Julie Sariñana (ジュリー・サリニャーナ)

彼女の飾らない普段のスタイルは多くのミレニアル世代の読者を惹きつけてやまない。そんな彼女のシグ二チャースタイルをファンやフォロワーにも着てもらいたいとの想いから、2012年自身のブランド「Sincerely Jules」を立ち上げ、クリエイティブデザイナーとしても活躍中。アイコニックなDBAや Celfie(セルフィー) teeは爆発的な人気を誇り、Nordstrom(ノードストローム)やShop Bop(ショップボップ)等で取り扱いされている。(価格帯:$49-$169)また人気のエスパドリューブランド「Soludos(ソルドス)」の看板娘としても知られる一方で、Nordstorm, Rag and Bone(ラグアンドボーン), Nespresso(ネスプレッソ), Cluse(クルース), PAIGE(ペイジ)他名だたるファッション、ライフスタイルブランドとコラボを手がけている。

■Aimee Song(アミー ・ソング)
(http://www.songofstyle.com/)

Aimee Song(アミー ・ソング)
Courtesy of Song of Style(ソング オブ スタイルより)

Aimee Songは、LAを拠点に活躍するファッションインフルエンサーでインテリアデザイナー。2008年にサンフランシスコで室内建築学を学んでいる時に、インテリア関連のブログをスタート。ブログ開始当初は、彼女が手がけたインテリアデザインやポートフォリオ撮影をメインにした内容であったが、たまたまブログ内に載せた自身のファッションスタイリングが、思いがけず大きな反響を呼んだことが契機で、インテリアブログからパーソナルスタイルブログに方向性を転換。そのブログが、月間370万人以上の訪問者数を誇るファッション、ライフスタイルサイト「Song of Style(ソング オブ スタイル)」である。(http://www.songofstyle.com/)

Aimee Song(アミー ・ソング)
Courtesy of Song of Style

トラベル、インテリアデザインやパーソナルスタイルを記録した「Song of Style」は、まるでカタログのような質の高さで、その美しいビジュアルは多くのファンを惹きつけただけでなく、多くのブランドもそのコンテンツに惚れ込み、コラボレーション依頼が殺到した。ブログの補足として、インスタグラムを連動し、ファッションスタイリング、パステルカラーを色調とした小物スナップ、エキゾチックなトラベルフォト、彼女が手がけるアパレルラインとジュエリーラインの商品をうまくミックスしたギャラリーは現在436万人のフォロワーを誇り、YouTubeでも非常に強力な存在感を示している。

彼女のファッションスタイルは、色彩溢れるカリフォルニアカジュアルをベースに、フェミニンなモードスタイルをミックスさせたものが特徴で、誰もがとりいれやすいスタイル。彼女がブログで着用したアイテムは90%以上の確率で売れるとまで言われている。

Aimee Song(アミー ・ソング)

ファッションブロガーとしての成功を掴み取り、2014年、環境保全や社会貢献を念頭に自身のエシカルファッションライン「Two Songs(トゥー ソングス)」(https://twosongs.myshopify.com/)を設立。彼女の出身地、カリフォルニアのストリートからインスピレーションを受けたTシャツやスウェットシャツを展開。(価格帯:$48-$210)。全ての商品のデザイン、素材の調達や製造はLAで行われている。更に2015年、半貴石と鍍金を組み合わせた待望の自身のブレスレットライン「Song of Style Jewelry(ソング オブ スタイル ジュエリー)」(http://songofstylejewelry.myshopify.com/collections/all)
をBloomingdale’s(ブルーミングデールズ)の店舗とオンラインで立ち上げた。(価格帯:$240)

Aimee Song(アミー ・ソング)
Courtesy of Song of Style

Aimeeは、WWDやThe New York Times誌を始めとする数々のメディアに頻繁に掲載され、True Religion(トゥルーレリジョン) やLevi’s(リーバイス)とのコラボレーションを経て、7For All Mankind(セブン・フォー・オール・マンカインド)と彼女のユニークなパーソナルスタイルと情熱が反映された。

そして「Dreaming Blue Collection(ドリーミング ブルーコレクション)」を発表。最も影響力のあるインフルエンサーの1人として、世界中を飛び回っている。

今後も、この一般の消費者の目線を併せ持つインフルエンサーとのコラボは、どの業界でも更に加速の一途を辿るのではないかと予想される。