2021.06.10 - KCI Key Consumer Indicators

消費者はアフターコロナをどう予測しているのか? 
「あなたが予測するアフターコロナ」

マーケティング開発第1グループ

伊藤忠ファッションシステム(ifs)では、「KCI Key Consumer Indicators by ifs vol.5」として、コロナ後のライフスタイルやビジネスの予測を行うために、全国に住む20-50代男女552名を対象に、webアンケート調査を行いました。
消費者が「期待する」コロナ後ではなく、消費者はコロナ後をどう「予測」しているのかを聴取し、消費者の「予測」の裏側にある心理を考察。また、「予測」が生む、コロナ後に向けた心の準備や、消費の兆しを考えました。
>>レポートはこちら

KCI Key Consumer Indicators by ifs vol.5

KCI Key Consumer Indicators by ifsとは
KCIとは、今後の重要な経営指標となりうる消費者の心理変化や行動変化を、ifsのコンサルタントが調査・分析を行った上で発信を行うコンテンツです。

調査結果を踏まえた、ifsが考えるアフターコロナのKey Consumer Indicators

消費者が予測するコロナ後は、
「新次元にシフトした働き方のもと、
クリンネスを意識しながら、リアルを楽しむ世界。」

ワクチンが行き渡った後も、マスク&抗菌生活が続く?
テレワーク・オンライン商談・副業化等、新しい働き方に対応できない企業は遅れた企業?
非接触・非対面は増えるが、すべてがオンライン化になるのではなく、リアルな世界を楽しむ?

調査結果抜粋
① 働き方の変化予測
消費者はコロナ禍で、働き方変化の“実地試験”を経験し、働き方が大きく変わることに対して、「想像」から「確信」へと変わったと思われる。ワクチンの行き渡ったコロナ収束後でも、テレワークやオンライン会議は定着すると予測しており、出張の回数も減ると予測。現在の働き方は、コロナ禍の暫定的な働き方として捉えていないことがわかる。AI/ロボティクスによる仕事の質の変化や、副業・兼業の解禁についても、起こりうることとして予測されている。
これらの新時代の働き方が新常識として予測されていることから、新しい働き方に対応できない企業は、コロナ後の新時代に遅れた企業とみられる可能性が高い。

② 生活の変化予測
今回の調査では、各設問の前に「2-3年後に、ワクチン接種が行き渡り、コロナ禍が収束したと仮定してお答えください。」と前置きしているにもかかわらず、コロナを含めたリスクを回避する策の浸透が予測されている。
コロナ禍の衛生・防疫体制は、コロナ収束後も「当たり前」になると予測。様々な場所での消毒・検温の義務化や、防疫・抗菌などの徹底も引き続き行われると予測。アメリカのように、ワクチンが行き渡ればマスクを外した生活になるのではなく、6割を超える人が、コロナ収束後もマスク生活は続くと予測。
ワクチンが行き渡ったとしても、「リスクがゼロになることはない」と悟っており、コロナ収束後も「見えない敵に備える体制」を社会・個人が築き上げることを見通している。

③ 店・サービス・施設などの変化予測
アフターコロナでも、ショップや飲食店のあり方やサービスが、コロナ以前に戻るとは予測しておらず、無人店舗やセルフレジの増加、料理やヨガなど各種の教室のオンライン化など、非接触・非対面の業態増加を予測している人が多い。また、食品や日用品でもオンラインショッピングの利用が増え、リアルな店舗(実店舗)の数は減ると予測している。一方で、いわゆるショールーミング店舗や、化粧品・不動産・インテリアなどの個別相談のオンライン化、旅行・テーマパークなどのVR・オンラインサービスなどが増加すると予測した人は少なく、オンラインとオフラインの使い分けが主流になる予測をしていると思われる。

レポートについて
KCI Key Consumer Indicators by ifs
第5弾 「あなたが予測するアフターコロナ」
2021年6月発行
伊藤忠ファッションシステム株式会社 マーケティング開発第1グループ

今回の「コロナ後のニューノーマル考察」レポートに関して、下記リンクよりダウンロードいただくことが可能です。

>>レポートはこちら
>>バックナンバーはこちら

伊藤忠ファッションシステムは、“生活者の気分”から未来を読み解くマーケティングカンパニーとして、アフターコロナに向け、消費者・ライフスタイルはどう変わっていくのか? 企業・ブランド・商品・コンタクトポイントはどうあるべきなのか? というノウハウをベースに、戦略設計、ブランド開発支援、商品開発支援、コンタクトポイントの設計、プロモーション等の支援等を行っております。

本レポートに関するお問い合わせはこちらまで:
担当:坂田 03-3497-4371 / marketing@ifs.co.jp

本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、
弊社のクレジット「伊藤忠ファッションシステム Key Consumer Indicators」の表記をお願いします。