2018.11.5 - All , FASHION ASPECT

激動の平成ファッションビジネス史と次代の展望(後編)
ファストファッションの市場席捲と急速なEC化が進んだ平成後期

■【第3期】 ユニクロブームとマルキューファッションの時代 平成10年(1998)~平成13年(2001) 「失われた10 年」と揶揄されるように、1990 年代後半を迎えても、景気は低迷したまま。この景気低迷期に成長したのがファーストリテイリングである...

View Detail View Detail
2018.10.1 - All , FASHION ASPECT

激動の平成ファッションビジネス史と次代の展望(前編)
卸ビジネスから小売ビジネスへのシフトが鮮明になった平成前期

■【第1期】 バブルファッション時代 平成元年( 1989)~平成3年( 1991) 平成元年(1989) はまだ、1986 年から始まったバブル景気真っ盛りだった。景気の高揚感とともに円高による輸入商品の割安感が伴い、インポートブランドブームがもたらさ...

View Detail View Detail
2018.09.3 - All , FASHION ASPECT

キャッシュレス経済に向かう米国の今
P2P 金融サービス(個人間送金)の急成長を追う

■若者の合言葉は「 ベンモ・ミー!」 米国モバイルペイメント市場で、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しているのが「ベンモ(Venmo)」だ。ペンシルバニア大学の同級生でルームメイトだったアンドリュー・コルティナ 氏とイクラム・マグドン・イスマイル氏によって、2009...

View Detail View Detail
2018.08.1 - All , FASHION ASPECT , ifsオリジナル世代知見

無理せず今を受け入れる団塊ジュニア世代vs理想を追い自ら頑張るプリクラ上世代

◆「アラフォー」という言葉だけではくくれない 団塊ジュニア世代、プリクラ上世代共に、バブル崩壊による就職氷河期を経験し、社会人スタート期から苦労してきた世代と言われる。とはいえ、両世代が体験してきた20歳前後のカルチャーはまるで異なり、たった5 歳の差でもそ...

View Detail View Detail
2018.07.6 - All , FASHION ASPECT

「ミラノ・デザイン・ウィーク2018」レポート
技術と美意識の融合で存在感示す日本企業

■世界中から100万人が訪れるデザインの祭典 世界中のデザイン関係者が注目する「ミラノ・サローネ」の歴史は古く、1961年に開催された家具やインテリア小物輸出のための見本市が発祥だ。現在では、世界最大の国際家具見本市「サローネ・デル・モビーレ(Salone ...

View Detail View Detail
2018.06.11 - All , FASHION ASPECT

ポジティブムードのアラサー愛されキラキラOLに注目

◆理想は仕事・結婚・子育ての「全部持ち」 2016年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、女性の平均初婚年齢は29.4 歳。男女雇用機会均等法が施行された1986年(25.6歳)以降、女性の社会進出とともに年々高くなっており、昔は「晩婚」と言われた...

View Detail View Detail
2018.05.1 - All , FASHION ASPECT

“ブランディング”が地域ビジネスの未来を切り拓く

■地域ブランド創出に向け行政支援が本格化 日本政府観光局によると、2017年の年間訪日外国人数は前年比19.3%増の2,689 万人と過去最高を記録した。日本を訪れる外国人は増加し続けており2008年当時の835万人から10 年間で約3.2 倍となった。そう...

View Detail View Detail
2018.04.2 - All , FASHION ASPECT

テクノロジーが可能にしたパーソナライズ革命

■パーソナライズサプリメント「Care/of」 消費者一人ひとりのニーズに合ったサプリメント 機能性食品の業界団体Council forResponsible Nutrition(カウンシル フォーレスポンシブル ニュートリション=CRN)の調査によると、...

View Detail View Detail