2020.10.1 - Press

「ホカロン」ブランドのマスターライセンス契約締結について

伊藤忠ファッションシステム株式会社(以下IFS)(本社:東京都港区 代表取締役社長 駒谷隆明))は、株式会社ロッテ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長執行役員 牛膓栄一)と、「ホカロン」ブランドのアパレル・服飾雑貨アイテムについてのマスターライセンス契約を締結しました。2020年10月から、アパレル・服飾雑貨アイテムの総合的なライセンスビジネスを展開していきます。

ロッテブランドの携帯カイロ「ホカロン」は1978年(昭和53年)に誕生しました。
それまでの火を使用するカイロから、誰もが簡単に使えるように開発された「ホカロン」は一躍大ヒットし、今でも寒い季節の必需品となっています。2017年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞し、携帯カイロの代名詞として広く認知されています。
新型コロナウイルス等の影響により、健康への関心がますます高まる現在、生活者に分かりやすく「温い」を訴求できる「ホカロン」のブランド力の高さは言うまでもございません。

ホカロンプレスリリース

IFSは、これまでのアパレル・服飾雑貨などのライセンスビジネスのノウハウを活用し、順次有力アパレル関連メーカーなどとサブライセンス契約を結び、総合的なビジネスを構築していきます。
2020年秋冬からは、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)との取り組みにより、インナー、手袋、ソックス、レギンス、ネックウォーマーの先行販売をはじめ、携帯カイロの「ホカロン」同様、寒い季節の必需品として幅広い層に向けて展開していく方針です。

本件に関するお問い合わせは、
第2ディビジョン ブランディング第3グループ
担当: 桜井 shunsuke.sakurai@ifs.co.jp

*メディア関連のお問い合わせ
広報 担当: 山本 corp.info@ifs.co.jp